大人気家庭用脱毛器「ソイエ」についてお教えします

人気家庭用脱毛器ソイエの落とし穴とは?

皆さんはパナソニックの「ソイエ」という大人気、ロングセラー脱毛器をご存知でしょうか?

ソイエは、家庭用光脱毛器のケノン、家庭用レーザー脱毛器のトリアに比べ、かなり安く手に入ります。使い方は簡単で、電源を入れると先端のローラー部分が回転するので、その部分を脱毛したい部位に軽く押し当て、スライドさせていくだけです。

そんなソイエですが、怖い落とし穴があります。最後まで記事を読んでいただけると嬉しく思います。

人気家庭用脱毛器ソイエの落とし穴とは?

人気家庭用脱毛器ソイエ ソイエのメリット

ソイエの怖い落とし穴について書く前に、ソイエのメリットについて、整理しておきたいと思います。

  • 比較的安く購入できる
  • 使い方が簡単
  • 痛い部分も問答無用で抜いてくれる
  • 毛抜きでの面倒な処理から解放される

ソイエのメリットについて順番に見ていきたいと思います。

ソイエのメリット その1 ソイエはリーズナブル

ソイエはボディ用、フェイス用をはじめ様々なバージョンが販売されており、新しいバージョンも続々と発売されている人気商品です。一番安いものは5,000円以下で購入でき、高いものは20,000円を超えるものもあります。

一方、家庭用光脱毛器ケノンは大体70,000円程度で照射回数が決まっており、決まった回数の照射が終われば、追加でカートリッジを買う必要があります。カートリッジはいろいろなタイプがありますが、だいたい5,000円程度で購入できます。

家庭用レーザー脱毛器のトリアですが、二つのタイプがあり、体全体に使える「4X」が、55,000円、照射しにくい部分用の「プレシジョン」は約36,000円で購入できます。時々キャンペーンをしており、10,000円オフで購入できることもあります。

ソイエ、ケノン、トリアを比べると、価格の面でソイエは手を出しやすい商品だと言えます。

ケノン、トリアに興味ある方はこちらの記事をどうぞ。
>> 必見!自宅でキレイにムダ毛を脱毛 ムダ毛処理の種類と方法

ソイエのメリット その2 ソイエは使い方が簡単

ソイエの使い方はすごく簡単!電源を入れると先端のローラーが回転を始めるので、そのローラー部分を脱毛部位に軽く押し当てるだけです。

使い方が簡単なので、気軽に、ちょっとしたスキマ時間に使うことができますが、ソイエを使う際は脱毛部位を清潔にし、ソイエの本体もアルコールティッシュ等で除菌してから使うようにしましょう。

気軽に使えるため、ついつい、肌を清潔にしたり、ソイエを消毒しておくことを忘れがちになってしまいますが、清潔でない状態で脱毛を行い、その毛穴に細菌が入り込むと、毛嚢炎(もうのうえん)等の肌トラブルが起きる場合があります。

ソイエを使う場合は、「脱毛部位とソイエを清潔に!」を必ず守るようにしましょう。

ソイエのメリット その3 ソイエは問答無用で抜いてくれる

ソイエは脱毛部位に当てると高速で次々とムダ毛を抜いてくれます。

デリケートゾーン等を毛抜きで1本ずつ処理するのはとても大変で、激しい痛みを伴いますが、このソイエは脱毛したい部位に当ててしまえば、毛根ごと次々と高速で抜いてくれます。

毛抜きで1本ずつ処理するのは面倒ですし、特に痛みを伴う部分ではなかなか引っ張る勇気がでません・・・。ソイエなら一度当ててしまえば、当てた部位の毛を毛根ごと問答無用で引き抜いてくれます。ただ、本当に手加減をしてくれないため、部位によっては激しい痛みを伴います。

どのソイエを選ぶかによりますが、先端が細くなっていたり、アタッチメントが付属していたりと、様々な部位で使いやすくなっています。自分で毛を抜きたい方は、ソイエを当てられる場所はソイエで、当てられない場所は毛抜きで抜かれるといいと思います。

ソイエのメリット その4 毛抜き脱毛の面倒さから解放される

毛抜きで脱毛したことのある方なら分かると思いますが、1本ずつ抜いていくのはとても大変な作業です。

届きにくい脇などの部位を脱毛する際に、私は首を傾けて長時間抜き続けていたため、寝違えたような状態になり、しばらく首に痛みが残りました(笑)

ソイエは比較的短い毛もしっかり挟んで抜いてくれるので、毛抜きでの脱毛のようにちゃんと1本ずつ挟めているか確認する必要がありません。

そういった、毛抜きで抜きにくい部位の脱毛も、このソイエを使うとかなり楽になるでしょう。

実はソイエでの脱毛はオススメできません・・・

ここまで、ソイエのいいところを紹介してきましたが、実は毛抜きやソイエ等の電動脱毛器によるムダ毛処理は、一番やってはいけない脱毛方法です。

ソイエも毛抜きによる脱毛と基本的には同じですが、毛の流れに逆らって抜いてしまったり、抜く時の勢いが強すぎる分、ソイエでの脱毛の方がやってはいけないことかもしれません。

なぜ、毛抜きでの脱毛がNGなのか下記記事にまとめましたのでどうぞ。
>> 毛抜きでの脱毛がNGな5つの理由と注意点

この別記事でも詳しく書きましたが、なぜダメなのか4つの落とし穴を紹介したいと思います。

ソイエの落とし穴 その1 埋没毛になる

毛抜きでの脱毛と同じように、ソイエで抜いたムダ毛は埋没毛になる可能性があります。
ソイエは毛穴にかなりのダメージを与えます。その結果、体は毛穴を守るために、薄い膜をはります。皮膚が傷ついた時にかさぶたができるのと同じですね。

その薄い膜の下に毛が生えると、毛は肌の上に出てくることができず、膜の下で丸まっている状態や、外に出れないまま伸びた状態になります。膜が薄いため目に見えるので、見た目はかなりよくありません。

通常、しばらく放っておけば解消し、肌の上に出てきますが、それまでの間、毛穴は黒く、肌もくすんで見えます。

埋没毛にならないよう、毛根ごと引き抜く脱毛方法はしない方がいいでしょう。

ソイエの落とし穴 その2 毛嚢炎になる

ソイエを使って脱毛を行うと、毛嚢炎になる可能性も高まります。

ソイエで毛を抜いている際に、細菌が毛穴に入り込むと、白いニキビのような「毛嚢炎」を起こす場合があります。こちらもかなり見た目がよくありませんし、治るまでに時間がかかります。

脱毛部位を清潔にしたり、ソイエを消毒してから使うようにすれば、ある程度防げますが、それでも毛嚢炎になる時はなります。

毛嚢炎を起こさないためにも、毛根ごと引っ張って抜く脱毛方法を選択しない方がいいでしょう。

ソイエの落とし穴 その3 色素沈着が起こる

ソイエを使うことで、色素沈着が起こる可能性もあります。

ソイエで肌や毛穴にダメージを与え続けると、皮膚は色素沈着を起こす場合があります。色素沈着とは、外傷等による傷が完治した後に、赤み、シミ等が肌に残ること症状のことです。

ソイエの使用によって色素沈着が起こった場合、しばらく経てば肌のターンオーバー(新しい角質が作られ、古い角質が剥がれる)で解消されますが、ソイエを使い続けると、色素沈着が起き続ける事態になりかねません。

そういったことから、ソイエで長期的な脱毛を行うことは危険であると言えます。

ソイエの落とし穴 その4 毛が太くなり増える

「毛が太くなり増える」というのが、最も困った落とし穴だと思います。

ソイエでムダ毛を処理すると、肌や毛穴に相当のダメージを与えます。その際、体の防衛反応で毛穴は強くなり、次に生えてくる毛が太くなったり、1つの毛穴から複数の毛が生えてくるようになる場合があります。

ソイエや毛抜きで脱毛をすると、毛根が再生するまで時間がかかるため、しばらくは処理の必要がなくなります。ですが、次に生えてきた毛が太く強くなり、、脱毛しているつもりが、毛を育てていた・・・、という悲しい結果になることがあります。

この現象の解消方法も、ソイエ等で無理に毛を引き抜くことを止める、しかないと思います。

ソイエの落とし穴 まとめ

ソイエについて、メリット、デメリット・落とし穴を挙げてきましたが、「じゃあ、どうすればいいの?」ということになりますよね。

ソイエによる脱毛はメリットよりも、デメリット・落とし穴が多いと言えます。何らかの理由で急遽ムダ毛の処理をしなければならない場合に使うのは有効だと思いますが、長期的に使い続けることはオススメできません。

永久的にムダ毛と「さようなら」したい方は、脱毛サロンの光脱毛か、病院・クリニックで医療レーザー脱毛を受けるかの2択になると思います。

光脱毛、医療レーザーでの脱毛は期間にして1~3年、料金もお財布に優しいとは言えません。しかし、生涯に渡って自己処理を行う手間とかかるお金のことを考えるとプロの手で脱毛を行った方がいいかもしれません。

その理由ですが、ある調査によると生涯で自己処理に使う時間は約1ヶ月、お金は約40万円かかるそうです。これなら光脱毛や医療レーザー脱毛をした方が安くすみますよね。

脱毛サロンや美容クリニックで脱毛を完了させると自己処理の手間から解放されます。また、自己処理で肌にダメージを与えることもなくなるので、肌は見違えるようにキレイになります。

興味のある方は一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

>> 銀座カラーの口コミ・評判 実際に体験した人の声は?

>> ミュゼの口コミ・評判 実際に体験した人の声は?

>> シースリーの口コミ・評判 実際に体験した人の声は?

また、こちらの記事で、全身脱毛にかかる期間やおすすめサロン、病院クリニックもランキング形式でまとめましたので、読んでいただけると嬉しく思います。

>> 全身脱毛に必要な期間と回数 ツルスベ肌になるために

もし、時間や金銭面で光脱毛や医療レーザー脱毛に手を出せない方は、電動シェーバーで除毛を行うか、脱毛・除毛クリームを試してみるのもいいかもしれません。

現在、ソイエ等の電動脱毛器で脱毛を行っている方は、このまま使い続けていいか、一度検討された方がいいかもしれません。

脱毛サロンに興味のある方はこちらをどうぞ。

>> ジェイエステの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪

病院・クリニックでの脱毛に興味のある方はこちらをどうぞ。

>> アリシアクリニック(関東圏に12院)の情報はこちらから!