生理前、生理中、生理後の脱毛についてお教えします

生理前、生理中、生理後の脱毛について

生理前、生理中、生理後、いつ脱毛するのがいいの?という疑問を持たれている方は多いのではないでしょうか?

VIO脱毛については生理中の経血のためできないことはわかるのですが、それ以外の部位はどうなのか・・・。

また、生理前(生理の一週間前~生理開始)と生理中はホルモンバランスが崩れやすく、肌もダメージを受けやすくなっているため、施術は受けない方がよく、生理後(生理の終わり~排卵日)が最も脱毛を行うのに適していると言われています。

今回は生理と脱毛の関係について、徹底的に調べ、また大手サロン、病院・クリニックではどのような対応になっているかもご紹介したいと思います。

生理前、生理中、生理後の脱毛について

生理前、生理中、生理後 その1 ホルモンバランスの変化

まずはじめに、女性の生理周期とホルモンバランスの変化についてです。

生理前、生理中、生理後 その1 ホルモンバランスの変化

※「ソフィ」様のサイトの画像を使用させていただきました。
>> ソフィ 生理の基礎情報

女性ホルモンという名前のホルモンが存在するわけではなく、「卵胞ホルモン(エストロゲン)」、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2つを総称して女性ホルモンと呼びます。
この2つのホルモンが生理や生理中の不調と大きく関係しており、生理周期によって分泌量が激しく変化します。

卵胞ホルモンは、自律神経のバランスを保ったり、コラーゲンの合成を促進して皮膚の潤いを保つといった、女性が美しく健康を維持するための重要な役割を果たしています。一方、黄体ホルモンは、基礎体温を上げ、受精しやすい体内環境を作るというのがメインの働きなのですが、困った副作用もあり、人によってはPMS(月経前症候群)の症状が出る方もいます。
私もPMSに悩まされており、生理前には心身共に不調になり、日常生活を送るのも苦しくなるため、一度婦人科に行って相談しようと思っています。

排卵期を過ぎると肌を美しく保つ卵胞ホルモンの分泌量が減少し、黄体ホルモンの分泌量が増え過ぎることによって皮脂の分泌が盛んになり、肌を刺激から守る「抗菌ペプチド」を減少させてしまいます。このため、生理前~生理中は肌のバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすくなります。

こういったことから、生理前~生理中は脱毛時の刺激が肌トラブルに繋がったり、脱毛効果も下がってしまう可能性があるため、生理前、特に生理中の脱毛は推奨されていません。

生理前、生理中、生理後 その2 ベストな施術日を知る方法

生理中の脱毛は推奨されていませんが、逆に肌トラブルが起きにくく、脱毛効果も期待できる時期もあります。

女性にとっては当たり前のことかと思いますが生理は28日~32日の周期で起こり、この周期に合わせてホルモンバランスも変化しています。

生理周期は「月経期(生理中)」、「卵胞期」、「排卵期」、「黄体期」の4つの周期に分かれており、このうち「卵胞期」が最も脱毛に適しています。

ただ、自分が今どの周期なのか把握するのはなかなか難しいと思うので、その問題を解決する素晴らしいアプリ「ペアリズム」を紹介させていただきます。

ペアリズムは毎回の生理日を記録するだけで、生理周期を自動計算してくれます。また、パートナーのスマホに入れて同期をとることで、男性も女性の生理周期を知ることができるようになり、どのような配慮をすればいいかアプリが教えてくれるようです。もちろん、女性一人で使うことも可能です。

>> ペアリズム 生理予測アプリのダウンロードはこちらから。

※ペアリズムはAndroidスマホ版のみです。

ペアリズム 生理予測アプリ:妊活(妊娠)、避妊、基礎体温、ホーム画面

ペアリズム 生理予測アプリ:妊活(妊娠)、避妊、基礎体温、お肌

生理前、生理中、生理後 その3 「卵胞期」の脱毛がオススメ

生理が終わり、次の排卵日まで卵胞ホルモンの分泌量が増える期間を「卵胞期」と呼び、この期間はだいたい4~6日程度続きます。

この期間は4つの生理周期の中でも最もコンディションが良くなり、肌の水分量が増えます。脱毛を行うならこの卵胞期に行うのがベストで、次に適しているのは卵胞期が終わった後の「排卵期」です。排卵期は大体1週間程度続きますが、人によっては腰痛や肩こり、頭痛などの体調不良を起こす場合もあります。

先程ご紹介させていただいたペアリズム等を利用し、できるだけ卵胞期に予約を取るようにし、もし取れなかった場合は、排卵期に予約を取るようにしましょう。排卵期の体調不良がひどい場合は脱毛どころではないと思うので、その際はキャンセルをし、予約を取り直すことも検討されるといいかと思います。

排卵期は皮脂の分泌量が増えるため保湿効果が期待できますが、仕事や家事等で無理をし過ぎないようにし、ストレスを溜めずリラックスした状態で施術を受けられるようにしましょう。

これまでのポイントを簡単にまとめます。

  • 最も脱毛に適しているのは生理後!生理終了から排卵日までの「卵胞期」
  • その次に適しているのは「排卵日」、体調と相談
  • 生理前1週間の「黄体期」と生理中の「月経期」は肌トラブルが起こりやすく、痛みも強く感じる

生理前、生理中、生理後 その4 各サロンの対応

大手サロンや病院・クリニックはどこも予約でいっぱいなため、いつも自分にとってベストなタイミングで予約が取れるとも限りませんし、ペアリズム等を使って調べたり、自分で計算していても、生理と重なってしまうこともあると思います。

もし、生理と予約が重なってしまった場合はどうすればいいでしょうか?

有名サロン、病院・クリニック毎に対応方法を見ていきたいと思います。

ミュゼプラチナム

生理中はVIO脱毛はできませんが、それ以外の部位であれば、健康状態が良いことと薬を服用していないという条件を満たせば施術を受けることができます。

キャンセルをされる場合は、お手入れ開始時間の24時間前までに連絡するようにしましょう。万が一ミュゼを解約されることになった場合、24時間前までにキャンセルしなかった分は施術回数を消化したことになり、その分の返金を受けることができません。

解約される予定がないのであれば、回数保証制度により契約期間内のお手入れは受けることが可能です。

>> ミュゼの公式サイトはこちらから!

シースリー

シースリーでは生理中の脱毛はどのパーツにもかかわらず行えないことになっています。
シースリーの公式Webサイトではホルモンバランスを考慮してのことであるとの記載があります。

キャンセルについては当日の予約時間の1分前までに入れれば大丈夫ですが、無断キャンセルや、連絡なしの遅刻になってしまった場合は3,000円の違約金がかかるので、必ず連絡を入れるようにしましょう。

>> シースリーの公式サイトはこちらから!

銀座カラー

銀座カラーでは生理中もVIOとヒップ以外の施術を受けることができます。

ただし、予約の変更・キャンセルを行いたい場合は前日の19時までに連絡をしましょう。遅刻時間によっては施術時間が短くなるため、施術できる部位も少なくなります。

きちんと連絡をしなかった場合ですが、回数プランの方は回数消化、無制限プランの場合はキャンセル料が発生する場合もあるため、注意が必要です。

>> 銀座カラーの公式サイトはこちらから!

キレイモ

生理中はVIOとヒップ以外は、全てのパーツを施術可能です。

当日や直前のキャンセル・予約変更は月額制プラン、回数パックプランに限らずできず、脱毛を行えなかった場合は1回分を消化したことになり、料金の返金もありません。

月額制プランの場合は、前日まで・当日に限らず消化扱いになります。
これはすごくもったいないと思うので、VIOとヒップ以外を施術してもらうようにする方がいいでしょう。

回数パックプランの場合は前日21時までなら、キャンセルを行うことが可能です。

>> キレイモの公式サイトはこちらから!

ブランクリニック(東京のみ)

生理中はVIOとヒップ以下は、全てのパーツを施術可能です。

もし、キャンセルをされた場合はプランの回数を1回消費してしまいもったいないため、よほど調子が悪いといったことや、肌ダメージを気にされる場合以外は、VIOとヒップ以外の施術を受けた方がいいでしょう。

>> ブランクリニックの公式サイトはこちらから!

アリシアクリニック(関東圏に12院)

生理中はVIOの脱毛はできませんが、それ以外の部位は可能です。

他のサロンや病院・クリニックではキャンセルをした場合、回数を消化してしまったり、キャンセル料などのペナルティが発生することがありますが、アリシアクリニックでは、当日のキャンセルでも無料とかなり安心できるサービスを提供しています。

>> アリシアクリニックの公式サイトはこちらから!

生理前、生理中、生理後 その5 自宅脱毛のタイミング

先程も書きましたが、生理前1週間の「黄体期」と生理中の「月経期」は肌トラブルが起こりやすく、痛みも強く感じます。

脱毛サロン、病院・クリニックによってはプランの回数消化、予約の取り直し、料金のことを考えて受けた方がいい場合もあると思いますが、家庭用光脱毛器や家庭用レーザー脱毛器はいつでも使用することができると思うので、わざわざ肌が弱っている時に使う必要はないと思います。

一番肌の状態や体調のいい、生理後(生理終了から排卵日まで)の「卵胞期」に行うようにしましょう。

早く脱毛したい気持ちはわかりますが、肌を痛め肌トラブルを起こしてしまっては元も子もありません。

生理前、生理中、生理後 その6 生理不順の場合

生理不順は何かしらの不調やホルモンバランスの乱れから起こっていることが多く、通常の生理周期の方よりも脱毛効果が得られにくくなりがちです。

脱毛サロン、病院・クリニックに通っているのに満足のいく結果を得られない場合は、生理不順が原因になっている可能性があります。

満足のいく結果が得られていない場合は、脱毛サロン、病院・クリニックにまずは相談し、それから生理周期の乱れや不調を解消するために、婦人科に行くことを検討してもいいと思います。

生理不順の解消は脱毛だけに限らず、体調や精神面でのメリットも多いはずです。

生理前、生理中、生理後 その7 生理中のスキンケア

生理と脱毛の予約日が重なってしまった場合、多くの方は施術を受けられるのではないかなと思います。やはり、回数消化、料金、予約の取り直しのことを考えるともったいないという気持ちが勝ちますよね・・・。私はそうです(笑)

VIOやヒップの脱毛は無理でも、それ以外のパーツならOKというサロン、病院・クリニックがほとんどですが、生理中の施術は通常よりも肌にダメージを与えるため、施術後のケアは欠かせません。

ケア用品は普段使われているもので、不要な成分が配合されていないものを選べば安心でしょう。

サロン、病院・クリニックで生理中の肌ケアについて相談されるのもいいかもしれません。

>> ミュゼの詳細はこちらから!

>> ブランクリニックの詳細はこちらから!