脱毛テープについてお教えします

脱毛テープで行うムダ毛処理 使い方からオススメ商品まで

自宅で脱毛、除毛を行う際、様々な方法があると思いますが、皆さんは「脱毛テープ」をご存知ですか?

脱毛、除毛についてはカミソリで行っている方が最も多いかと思いますが、次に脱毛クリーム(除毛クリーム)を使われている方が多いと思います。カミソリに関しては手の届く範囲ならどこでも使えますが、一歩間違えば肌を切ってしまうこともあります。脱毛クリームは毛を溶かすほどの強力な薬剤を使用するため、基本的に顔やデリケートゾーンには使えません。(一部の商品はデリケートゾーンにも使えます。)

顔やデリケートゾーンにも使えるお手軽な脱毛方法ってないかな・・・というところで、脱毛テープの登場です。

今回は脱毛テープがどういったものなのかということから、おすすめの商品までご紹介したいと思います。

脱毛テープで行うムダ毛処理 使い方からオススメ商品まで

脱毛テープでムダ毛処理 その1 脱毛テープって何?

ご存知の方も多いかもしれませんが、まず「脱毛テープとは何か」というところから始めたいと思います。

脱毛テープでの脱毛は、脱毛したい箇所にテープを貼り、それを剥がすだけで脱毛できてしまうという自宅でできる簡単・お手軽なものです。毛抜きで一本ずつ抜くのは手間がかかりますし、電動脱毛器を買うにしても1万円前後と気軽には手を出しにくいですよね。その点、脱毛テープは1000円以下で購入でき、一気にムダ毛を処理することができるため、毛抜きによる脱毛の煩わしさから解放されますし、電動脱毛器よりもはるかに安く購入できるためお手軽に試すこともできるかと思います。

また、脱毛クリームは私が調べた限り全ての商品が顔NGでしたが、脱毛テープには顔に使える商品もあるのがいいですね!

脱毛テープはお金や手間が比較的かからず、あらゆる箇所を脱毛できる素晴らしい脱毛アイテムです。

脱毛テープでムダ毛処理 その2 脱毛テープの性質

「脱毛テープはガムテームと何が違うの?」といったことや、「脱毛時に皮膚も一緒に引っ張られるのでは・・・」と思われる方もいらっしゃると思います。

脱毛テープは脱毛を行うために研究・開発されたテープで毛に密着しやすく、皮膚にくっつきにくいという性質を持った特別なものです。脱毛テープはガムテームとは全然違うものですし、脱毛時に皮膚にくっつき引っ張ってしまうということも少ないように作られています。

また、カミソリによる除毛は毛を切断するため、断面が平らになり毛穴が目立ったり、毛が太くなったように見えてしまいますが、脱毛テープは毛根ごと脱毛するため、次に生えてくる毛は先が細く、不自然に見えにくくなります。

今までカミソリでの処理を行っていた方も、脱毛テープを検討されてもいいかもしれません。

脱毛テープでムダ毛処理 その3 脱毛テープのメリット

ここでは脱毛テープのメリットについて触れてみたいと思います。

脱毛テープは気軽に使える

脱毛テープはドラッグストアやネットストアで簡単に手に入り、その価格も比較的安く1000円以下で購入できるため、誰でも簡単に脱毛することができます。

脱毛サロンや病院・クリニックで脱毛を行うことを考えれば、手間がかからず気楽に試せますね。

脱毛テープは広範囲を一気に処理できる

脱毛テープは脱毛したい部位にテープを貼り、剥がすだけなので、誰でも簡単にムダ毛を処理することができます。

例えばすね毛を処理したい場合、うまく脱毛テープを貼ればすね毛のほとんどを一発で一気に脱毛することが可能です。

脱毛テープは毛根から抜き取る

カミソリでのムダ毛処理は肌の上に出てきてる部分を角質を削りながら、切断する除毛方法ですが、人によっては1日もすればまた処理しなければならず、毛が薄く伸びるのが遅い人でさえ、1週間に2、3回は処理を行わなければなりません。

その点、脱毛テープでの除毛は毛根から抜き取るため、次に毛が生えてくるまでの期間が長くなり、お手入れの回数も減らすことが可能です。

脱毛テープは見えない箇所も脱毛可能

カミソリでの除毛や、毛抜きで脱毛は目に見えていて手の届く範囲以外を処理するのがかなり困難です。

例えばうなじの処理をしたいと思った場合、カミソリで行うのは肌を切ってしまう可能性があり危険ですし、自然な感じに仕上げるのが困難です。また、毛抜きも同様で、勘で抜くか合わせ鏡で左右反転しているうなじを見ながら抜くことになりキレイに整えるはかなり大変な作業になります。

その点、脱毛テープは処理したい部位に貼り剥がすだけなので、見えない場所の脱毛も行うことが可能です。うなじはもちろんのこと、背中も頑張れば自分でできますね。もし、家族やパートナーにお願いできるなら、テープを貼ってもらってもいいかもしれません。

「剃って」とお願いするのはちょっと辛いものがありますが、「貼って」ならかなりハードルが下がるのではないでしょうか。

脱毛テープでムダ毛処理 その4 脱毛テープのデメリット

脱毛テープについてメリットを見てきましたが、次はデメリットについて見ていきましょう。

脱毛テープは肌にダメージを与える

その2 「脱毛テープの性質」で「毛に密着しやすく、皮膚にくっつきにくい」と書きましたが、皮膚に完全にくっつかないわけではないので、脱毛テープによって肌にダメージを与え、場合によっては肌トラブルにつながってしまう可能性もあります。

脱毛テープを本格的に使う前に目立たない部位で試してみて、赤くなったり、痒みが出たりするようでしたら、脱毛テープによる脱毛は諦めるべきです。

脱毛テープは痛みを伴う

毛抜きで脱毛をしたことがある人なら想像がつくと思いますが、脱毛テープによる脱毛はかなりの痛みを伴います。

一本ずつ抜くのですら痛いところを、一気に抜くわけですからそれはかなり強い痛みになります。特にデリケートゾーンに脱毛テープを使う際はかなりの覚悟が必要で、気合いを入れて剥がすことになると思います。

痛みに強いと自信のある方は脱毛テープにむいているでしょう。

脱毛テープでキレイに脱毛できない場合も・・・

脱毛テープを正しく貼り、うまく剥がさないとキレイにムダ毛の脱毛ができず、抜けた部分と抜けていない部分でまだらになってしまう可能性があります。脱毛テープは肌へダメージを与えてしまうため、間隔をあけず何度も同じ部位に使うことは肌トラブルの原因になりますし、おすすめできません。

ですが、脱毛テープでキレイに脱毛するコツがあるので、安心してください。
本記事の下部で脱毛テープを使う際のコツについても書きましたので、読んでいただければと思います。

脱毛テープでは永久脱毛できない

脱毛テープは毛根ごと引き抜くため、しばらく毛は生えてきませんが、毛根はまた再生し、ムダ毛は元通り生えてくるようになります。

基本的に不再生脱毛は脱毛サロン、永久脱毛は病院・クリニックでしか行なえません。家庭用のレーザー脱毛器や、光脱毛器も存在しますが、ムダ毛と永久にさようならしたいなら、脱毛サロンか病院・クリニックの2択になると思います。

※おすすめの脱毛サロン、病院・クリニックは記事最後でご紹介します。
※「不再生脱毛」についてはこちらの記事のその5 「光脱毛についてもっと知りたい」を読んでいただければと思います。
>> 光脱毛知っておきたい基礎知識

脱毛テープでムダ毛処理 その5 脱毛テープの使い方とコツ

脱毛テープは先程書いたようにドラッグストアやネットストアで1000円以下で手に入り、簡単お手軽に使える便利な脱毛アイテムです。

ですが、正しい使い方をしなければ充分な効果を得ることはできません。
ここでは、正しい使い方とキレイに抜くコツについて触れたいと思います。

脱毛テープのコツ ある程度ムダ毛を伸ばす

脱毛テープを使う際に、ムダ毛がある程度伸びている状態でないとムダ毛が脱毛テープにくっつかずキレイに抜くことができません。具体的にどれぐらい伸びていればいいかというところですが、最低5mm程度、ムダ毛を伸ばしておく必要があります。

脱毛テープのコツ 脱毛部位を清潔に

脱毛テープに限った話ではないですが、脱毛後は毛穴が開くため、そこから雑菌が入り炎症等の肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

脱毛テープを使う前は脱毛部位を清潔にし、雑菌が入り込みにくい状態にしてから脱毛を行いましょう。

脱毛テープのコツ 毛穴を開いておく

脱毛テープで脱毛を行う際は、毛穴が開いた状態のほうが抜けやすく、また痛みも少なくすみます。

入浴やシャワーを浴びたり、蒸しタオル等で毛穴を開いてから脱毛テープを使いましょう。蒸しタオルはタオルを水で濡らし、レンジで温めることで用意できますが、熱くし過ぎてやけどをしないように注意が必要です。

毛穴を開いた後の注意点ですが、脱毛部位が濡れた状態だと脱毛テープがくっつきにくくなり、うまく抜けないため、水分を拭き取ってから脱毛テープを使うようにしましょう。

脱毛テープのコツ 皮膚に密着させる

毛穴を開いて水分を拭き取り、準備が整ったらいよいよ脱毛テープを貼りますが、その際に空気が入らないように注意し、脱毛テープと皮膚が密着する面積が最大になるように気をつけましょう。

貼った後は脱毛テープの説明書に記載してある説明通りの時間待った後、躊躇せずにすぐに剥がしましょう。時間を過ぎているのに放置しておくと体温で脱毛テープの粘着力が弱くなる可能性があります。

貼り方の詳細は各脱毛テープの説明書に記載があると思うので、それに従って貼るようにしてください。

脱毛テープのコツ 残った毛の処理

脱毛テープで脱毛をうまく行っても、どうしても抜ききれずに残ってしまう毛はあります。間隔をあけずに同じ部位に脱毛テープを使うと肌に負担がかかってしまいますし、残っている毛もそれ程多くないと思うので、毛抜きで残りの毛は処理するようにしましょう。

脱毛テープのコツ アフターケア

脱毛テープを使った後、毛穴から雑菌が入りやすく、肌もダメージを受けている状態になります。肌トラブルを防ぐためにしっかりと保湿し、肌を守るようにしましょう。

その際は余分なものの入っていない、肌に優しいローションやクリームを使うことをオススメします。

毛穴を閉じることも大切なので、脱毛テープで脱毛を行った後は脱毛部位を冷たいタオル等で冷やすようにしましょう。

脱毛テープでムダ毛処理 その6 おすすめ脱毛テープ

ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用

ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用

世界で売上・シェアNo.1を誇る脱毛ブランド「ヴィート」の商品です。
こちらの商品は1.5mmの短い毛、生えかけの毛を毛根から簡単に抜き去ることができます。
肌に優しい有効成分や含まれていたり、ふきとりシートが付属していたりと初めての方や敏感肌の方にぴったりです。

使用可能部位はあし、うで、わき、ビキニラインとなっていますが、背中やうなじ等にも使えると思います。

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用

ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用

こちらも同じくヴィートの商品です。「顔のムダ毛のお手入れを肌にやさしく簡単に。」をテーマに作られた商品です。

こちらも同じく肌に優しい有効成分が含まれており、ふきとりシートも付属しています。

使用可能部位ですが、こちらは顔となっています。

比較的肌の強い部位には「ヴィート 脱毛ワックスシート 敏感肌用」を、肌の弱い部位である顔等はこちらの「ヴィート 顔用 脱毛ワックスシート 敏感肌用」と使い分けるといいかと思います。

エピラット 脱毛テープ

エピラット 脱毛テープ

こちらの製品は日本の有名メーカー「Kracie」の製品で、「日本の有名メーカーの製品」ということで安心感がありますね。

広範囲につかえるタイプとミニサイズのタイプがあるので、脱毛したい部位によってどちらにするか選ばれるといいかと思います。また、この商品は肌に優しいカモミールエキス、海藻エキスが配合されています。

注意点として、この商品は腕、足のムダ毛にしか使えず、わき、デリケートゾーン、顔等には使用できません。

脱毛テープでムダ毛処理 その7 まとめ

今回は脱毛テープについていろいろな角度から見てきました。皆さんは脱毛テープを試したいと思われましたか?

脱毛テープの脱毛効果は最大で4週間と言われており、カミソリで処理を行うことを考えるとムダ毛処理の手間はかなり軽減されますが、次に生えてくる毛が「埋没毛」になってしまう可能性もあります。

※埋没毛について詳しく知りたい方は「みんなのムダ毛の悩み・・・ 脱毛で解消しよう」のその7 埋没毛の処理はした方がいい?を見ていただければと思います。

急な用事で今すぐムダ毛を処理したい・・・といった場合に脱毛テープは有効だと思いますが、基本的には毛抜きでの処理と同じなので、皮膚や毛穴にダメージを与え最悪の場合、色素沈着を起こしシミになってしまう可能性もあります。

脱毛テープは短期的な脱毛手段として使い、長期的、永続的な脱毛を安全に行いたいなら脱毛サロンの光脱毛や、病院・クリニックの医療レーザー脱毛を行った方がいいでしょう。

おすすめのサロン、病院・クリニックは別記事「全身脱毛に必要な期間と回数 ツルスベ肌になるために」のその7 おすすめサロンランキングと、その8 おすすめクリニックランキングで紹介していますのでそちらも参考にしていただければと思います♪

>> 光脱毛サロンミュゼのお得なキャンペーンはこちら!

>> ワキをお得に永久脱毛するなら湘南美容外科クリニック!