脱毛石鹸についてお教えします

脱毛石鹸という選択肢 気になる効果は?

最近芸能人が使っていたり、メディアに取り上げられたりといろいろな場所で話題にあがってくる脱毛石鹸。

効果があるという口コミがある一方で、全く効果がないとの口コミもあります。脱毛石鹸が本当にムダ毛を処理する武器になり得るかまだまだ疑問が残ります。

そこで今回は脱毛石鹸について徹底的に調査し、あらゆる視点からその効果を分析し、脱毛石鹸がムダ毛処理の有効な手段になるか検討したいと思います。

もし、石鹸で脱毛できるなら、すごく簡単にムダ毛の悩みを解消することができますね♪

脱毛石鹸という選択肢 気になる効果は?

脱毛石鹸という選択肢 その1 脱毛石鹸って何?

著名人やセレブが使っていると噂されたり、メディアに取り上げられたりと最近、度々話題にあがる脱毛石鹸ですが、脱毛石鹸って何?という方もいらっしゃると思います。

ムダ毛処理と言えば多くの女性にとって永遠のテーマであり、面倒で何とか簡単に済ませられないものかと、いろいろな自宅脱毛を試したり、脱毛サロンで光脱毛をしたり、病院・クリニックで医療レーザー脱毛をしたりと様々な人達が様々な方法でムダ毛と戦っています。

その厄介なムダ毛処理の方法の一つとして生み出されたのが脱毛石鹸で、お風呂で体を洗う通常の石鹸やボディソープの代わりに使うだけというお手軽さで最近世間の注目を集めています。

これで本当に脱毛効果があるならすごく画期的ですよね!

脱毛石鹸という選択肢 その2 なぜ石鹸で脱毛できるの?

なぜ石鹸で脱毛できるの?という疑問は脱毛石鹸を知らない方なら最初に思い浮かぶものだと思います。

そんなに手軽で効果があるなら、ムダ毛に悩んでいる女性は脱毛サロンや病院・クリニックに行かなくなり、潰れてしまうのでは・・・とも思いますし、石鹸で体を洗うだけで本当にムダ毛の問題を全て解決できるか不安にもなると思います。

サロンが潰れる等、そういったことが起こっていないということからも分かるように、脱毛石鹸には強力な脱毛作用はないという想像がつきます。また、脱毛石鹸という名前が少し紛らわしいのですが、脱毛石鹸は「脱毛」を行うことを目的としてのものではなく、「抑毛」または「除毛」を目的とした石鹸で、そのための有効成分が配合されています。

脱毛石鹸で脱毛を行え全て解決することができるわけではない・・・、という点では少し残念ですが、ムダ毛が生えにくくなったり除毛ができるのはいいなと思いますし、サロンやクリニックに通うことに比べればお手軽で試しやすいですね。

脱毛石鹸という選択肢 その3 脱毛石鹸に含まれる有効成分

ここでは脱毛石鹸についての知識を深めるということで、脱毛石鹸に含まれている主な有効成分とその効果についてまとめます。

脱毛石鹸を知るにはまずはその成分から!ということで主な成分とその効能を以下にまとめます。

イソフラボン

皆さん一度は聞いたことがあると思いますが、大豆に含まれる成分で、毛の根元の毛包の働きを抑える効果をもっているとされ、毛の成長を遅らせる効果を期待できます。

ラレアディバリカタ葉エキス

こちらの成分は聞いたことがない方が多いと思いますが、ボディクリームや乳液にも含まれることの多い成分で、キャピスローというカシの一種から抽出されたものです。

毛が作られるために必要な細胞が増えるのを遅らせて、毛自体の再生を抑制する働きがあります。

ブロメライン

こちらもあまり聞いたことのない成分だと思いますが、パイナップルに含まれる消化酵素の一種で、タンパク質を破壊することができます。

この作用により、毛根にある毛母のタンパク質を破壊し、ムダ毛の成長を抑えます。

これらの成分からも分かるように脱毛石鹸には「脱毛」の効果はなく「抑毛」を行う石鹸であることがわかりますね。

脱毛石鹸という選択肢 その4 脱毛石鹸は抑毛・除毛石鹸

くどいようですが、脱毛石鹸に脱毛効果はなく、抑毛・除毛の手段、抑毛石鹸または除毛石鹸だと考えるのが良さそうです。

実際にネットで商品の情報を見たのですが、「脱毛できる」と言い切っている商品は少なく、言い切っているものはサイトの説明等に「これで永久脱毛ができる!」等、疑問が残る内容でした。脱毛ができないなら抑毛石鹸、除毛石鹸とするべきだと思うのですが、脱毛石鹸の方がインパクトがあるから「脱毛石鹸」と謳っているのかもしれません。

その3「脱毛石鹸に含まれる有効成分」で挙げさせていただいた成分で脱毛を行うことはできないですが、除毛を行う石鹸もあるため、効果は抑毛、除毛にとどまるというのが脱毛石鹸の真実です。

それでも抑毛、除毛してくれるだけでありがたいですよね♪

脱毛石鹸という選択肢 その5 こんな脱毛石鹸はやめよう

脱毛石鹸には脱毛の効果はなく抑毛の効果があり、商品によっては除毛できるかもしれないということがわかりました。

除毛については強力な薬剤で毛を溶かすことで、ツルスベ肌を実現するのですが、その薬剤は当然肌にもダメージを与え、長期的に使い続ければ肌トラブルを起こす可能性は高くなっていきます。

脱毛石鹸を選ぶ場合は抑毛効果があるもののみを選ぶか、除毛効果があっても強力過ぎないものを選ぶようにしましょう。また、レビューや口コミがあるなら肌トラブルについて書かれていないかもチェックしましょう。

肌をキレイにするために脱毛石鹸を使うのに、肌が荒れてしまったらショックは大きいですよね。

脱毛石鹸という選択肢 その6 脱毛石鹸という呼び方はOKなの?

脱毛効果がないのに脱毛石鹸と呼ぶことは、法律などの問題に引っかからないのか・・・という疑問が湧いてきませんか?

「脱毛」という言葉は非常にデリケートな言葉で、本来であれば医療レーザー脱毛やニードル脱毛等、病院・クリニックで行われる脱毛を指す言葉です。脱毛サロンで「光脱毛」という言葉を使ってOKなのは、「光脱毛」という言葉が厳密には抑毛のカテゴリーに入っているためで、施術についても医療行為ではないとされているため、医師資格等を持っていなくても施術を行えることになっています。

脱毛石鹸についても同じで「脱毛石鹸」という言葉は抑毛・除毛のカテゴリーに分類されているため、脱毛石鹸自体に脱毛効果がなくても、「脱毛石鹸」と呼んでもNGにはならないようです。確かに「抑毛石鹸」や「除毛石鹸」という言葉を使うとインパクトが薄くなりますが、ちょっと紛らわしいですね・・・。

商品の説明に「脱毛効果があります!」と書くのはNGだと思いますが、実際にはそのように書いているサイトや商品等が存在するため、注意が必要です。

脱毛石鹸という選択肢 その7 脱毛石鹸の目的は抑毛・除毛

脱毛石鹸を使う際、これで脱毛ができる・・・と思わず、抑毛・除毛効果があると思うことにしましょう。そうすれば、過度の期待を抱かず、がっかりすることも少なくなると思います。

では、脱毛石鹸を使い続ける意味ってあるのでしょうか・・・。脱毛を目的としているならサロンの光脱毛や病院・クリニックでの医療レーザー脱毛を検討すべきで、脱毛石鹸で脱毛をしようとは思わないほうがいいでしょう。

ですが、脱毛石鹸を使うメリットは多くあり、長期間使うことで抑毛を実現できれば、カミソリ等での自己処理を行う回数が減り、面倒さや肌ダメージを軽くすることができます。

脱毛石鹸は抑毛・除毛を行うための石鹸だと考え、過度に期待をしないことが満足のいく結果を得るコツだと思います。

脱毛石鹸という選択肢 その8 脱毛石鹸の痛み

脱毛石鹸は肌に悪いのか、痛みはないのか・・・脱毛石鹸の購入を検討されている方は気になるところかと思います。

基本的には脱毛石鹸が抑毛石鹸であれば、肌にダメージを与えたり、痛みを感じたりすることはほぼないと言えます。ですが、その脱毛石鹸に除毛効果が含まれているものなら薬剤の効果によりチクチクとした痛みを感じたり、肌へのダメージもあるかもしれません。

石鹸は毎日使うものだと思うので、脱毛石鹸を選ぶ際は除毛効果がない、もしくは強過ぎないものを選べば肌へのダメージ、痛みを最小限に抑えることができ安心だと思います。

その際に脱毛石鹸について「本当にそうなの!?」と目を疑いたくなるような記事やレビューを見かけることがあるかもしれませんが、怪しそうな商品にはくれぐれも手を出さないでください。

脱毛石鹸という選択肢 その9 脱毛石鹸の本当のところ

ここまで脱毛石鹸についていろいろな視点から見てきましたが、実際に使ってみようと思われたでしょうか?

私が調べた限りでは脱毛石鹸の説明で「毛根を破壊し永久脱毛できるが、使用を中止すると再び生えてくる」等、あり得ない説明がされてあったり、芸能人が使っていると言われている商品ですらレビューが圧倒的に少ない、もしくはほぼないといった状況です。

このような中で、ちゃんとした脱毛石鹸、つまり抑毛石鹸や除毛石鹸を見つけることは困難で、期待しているような効果を得ることもまた難しいと言えるでしょう。

やはり、ムダ毛との戦いにショートカットはなさそうです・・・。ムダ毛を確実に処理し、ツルすべ肌をゲットしたいなら、光脱毛か、医療レーザー脱毛を選択した方が満足のいく結果が得られそうです。

おすすめのサロン、病院・クリニックは別記事「全身脱毛に必要な期間と回数 ツルスベ肌になるために」のその7 おすすめサロンランキングと、その8 おすすめクリニックランキングで紹介していますのでそちらを参考にしていただければと思います♪

>> 光脱毛サロンミュゼのお得なキャンペーンはこちら!

>> ワキをお得に永久脱毛するなら湘南美容外科クリニック!