部位毎に異なる毛周期についてお教えします

部位ごとに異なる毛周期に合わせて脱毛しよう!

毛には毛周期が存在し、それは部位毎に異なります。

今回の記事では部位毎の毛周期についてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

また、毛周期については別記事「脱毛基礎知識 毛のサイクルと毛周期について」にまとめましたので、そちらも併せて読んでいただけると嬉しく思います。

部位ごとに異なる毛周期に合わせて脱毛しよう!

部位ごとに異なる毛周期 その1 部位毎のサイクルについて

まず、毛のサイクル「毛周期」についてのイメージです。

部位毎に異なる毛周期

光脱毛、医療レーザー脱毛の照射は成長期のムダ毛に対して効果を発揮し、それ以外の発毛期(休止期)、退行期、自然脱毛のムダ毛に対してはほぼ効果はありません。

また、部位毎に成長期の長さ、退行期・休止期の長さも異なります。

さらに、各部位のムダ毛は一斉に成長期に入ったりするわけではなく、バラバラにサイクルを繰り返し、肌の表面に出てきている毛の割合も20~30%だと言われています。

その為、脱毛サロン、病院・クリニックでは複数回施術を受け、間隔もあける必要があります。

部位ごとに異なる毛周期 その2 部位毎の毛周期一覧

主な部位の毛周期は以下の通りです。

部位 成長期の長さ 退行期の・休止期の長さ 表面に出てきている毛の割合
3~5ヶ月 3~5ヶ月 30%
4~5ヶ月 4~5ヶ月 20%
4~5ヶ月 4~5ヶ月 20%
Vライン 1~2年 1~1年半 30%

早く脱毛を完了させたい・・・という気持ちは誰しも持つものかと思いますが、同じ部位の施術を受ける際はこの表を参考に間隔をあけ、サロン、病院・クリニックで次の予約をとると安心です。

光脱毛、病院・クリニックでは施術を受けてから、最低2ヶ月あけることがほとんどですが、それはこの毛周期を考慮してのことであり、これを無視した施術の提案を受けることがあれば注意が必要です。

無駄な施術は肌に負担をかけ、お金も無駄になる可能性があるため、サロン、病院・クリニックに大丈夫か確認し、納得のいく回答をしてくれない場合はそちらで脱毛をすることはやめておいたほうがいいかもしれません。

施術を受ける間隔についてはカウンセリングや体験脱毛時に詳しく説明を受けることをオススメします。

>> ミュゼのお得なキャンペーンはこちら!

>> 全国で58院開院の湘南美容外科クリニックはこちら!