痛くない脱毛をしたいなら、サロンのマシンと技術力がポイントになります。

最近のマシンは昔よりずっと痛くありませんが、刺激はゼロではありません。

使用するマシンによって変わってくるため、痛くないマシンを導入しているサロンをおすすめします。

一つ言えることは最新マシンほど低刺激であり、肌に優しいことです。

肌には直接刺激を与えずに、ムダ毛にだけ作用するためです。

また処理範囲が広範囲化することで、痛みが分散されているのも理由と言えます。

昔のサロンはレーザーを導入するところがあり、照射範囲が一点集中だったため痛みも集中していました。

最近はレーザーを使用するサロンはなく、光やワックスが主流となっています。

ワックスの場合は痛みを感じますが、光マシンは最新タイプになるほど痛くありません。

エステティシャンの技術力も痛みに影響し、当然ながら技術が高いほど痛くありません。

技術には知識・ノウハウなども含まれており、肌質をしっかりと見極めて処理してくれるエステティシャンほど痛くないのです。

脱毛出力を上げるほど1回の効果が上がり、コスパはよくなります。

しかし肌荒れが起こってしまうと、次回の処理まで時間を置くことになり、結果的にコスパが悪くなります。

肌質は人によって異なるため、出力を変えていく必要があるのです。

肌が耐えられる出力に抑えることが大切であり、これには経験・技術がものを言います。

おすすめのサロンは大手や老舗であり、エステティシャンの出入りが少ないところがベストでしょう。

出入りが少ないと必然的に技術が育つので、痛みも弱くなります。

アルバイトスタッフより、正社員スタッフのほうが技術が安定しており、痛みを抑えながら効果を引き出すことができるのです。

未熟なエステティシャンが施術をすると、必要以上に出力を弱くしてしまうケースがあります。

確かに出力が弱いと肌荒れは起こりにくいですが、肝心の脱毛効果が弱くなってしまいます。

ムダ毛を減らすのが目的である以上、出力はある程度高めていく必要があるでしょう。

大切なのは肌荒れが生じないレベルを見極めることにあり、これは新人スタッフには難しいところでしょう。

サロンの設備・雰囲気はゴージャスだと嬉しいものですが、サロンに行く目的はムダ毛を減らすことです。

設備関連はシンプルでよいので、結果を出せるサロンを選んで通うことが大切です。

ワキはお試しコースを用意しているところが多いので、まずは格安で受けてみるとよいでしょう。

ここで実際にどの程度の効果が期待できるか、そして痛みは弱いのか、などを調べておきます。

脱毛マシン以外では、事前処理によって痛みは変わってきます。

冷却ジェルを使用するサロンは、痛みを弱くすることができるでしょう。

光やフラッシュ、IPLの照射における痛み熱によるものであり、熱ダメージを軽減させるためには冷やす対策が役立ちます。

ヤケドをしたときは冷水で冷やすと効果的であり、これを最初に行っておくというわけです。

冷却ジェルを照射することで肌ダメージを抑えつつ、ムダ毛を薄くすることができます。

減毛作用は医療マシンには負けますが、何度か処理することで顔・VIOなどのムダ毛も目立たなくなります。

敏感な部位ほど処理回数は多くなりますが、これは出力を抑えるためです。

部位によって効果は変わってきますが、これは当たり前のことなのです。

痛くないサロンを探すためには、口コミを確認しておくのもいいでしょう。

なるべく多くの口コミサイトをチェックすれば、どの程度の痛みなのかわかってきます。

一つ言えることは顔とVIOは痛みが強くなりやすい部位なので、これらの部位を楽に処理できるなら他の部位も痛くありません。

痛みを抑えるために大切なのは、出力と効果のバランスなのです。

どこまで出力を上げるか見極められるエステティシャンがいるサロンがおすすめです。

大手や老舗は全般的に技術が高いですが、ワックス脱毛なら地域密着型のサロンも腕がよい店があります。

ただしワックスの場合は減毛できないので、ツルツルにできるのは一時的となります。

都度払いを導入しているサロンも腕がよいですが、これは1回の処理でもある程度の効果を期待できると自負しているためです。

マシンを照射することで少しずつ軟毛に変えていきますが、腕のよいサロンだと1回めで変化を実感できるでしょう。

都度払いを用意していないサロンは、必然的にローンを勧められることになるでしょう。

今流行りの月額制はローンと同じなので、月謝制とは意味がまったく異なります。

ローンばかりを勧めてくるサロンよりも、支払い方法を自由に選ばせてくれるサロンのほうが安心できます。

こうしたサロンは予約も取りやすいため、安定的な効果が期待できるのです。

予約を取りにくいと処理頻度が減ってしまうので、必然的に効果を実感しにくくなります。

痛くないことは大切ですが、効果がなければ意味がありません。

痛みが弱くて効果を実感できるサロンを選んでください。