医療レーザーで永久脱毛をするときに気になるのが、どのぐらいの痛みがあるのかということです。

痛みがないという話や痛くて辛かったという話を聞いて、実際はどのぐらいなのだろうかと気になってしまう人も多いものです。

痛みというのは個人差があるものですし、部位によっても変わってきますから一概にこうだというものはなく、実際のところはやってみなければわからないというのが現状です。

しかし、痛みに耐えかねて脱毛を断念してしまったという人はほとんどいませんから、基本的には耐えられないことはないというレベルになっています。

医療レーザーを用いた脱毛が登場するまで主流であった、ニードル脱毛という方法であればかなり痛くてがまんができないという人も少なからずいましたが、現在ではそこまで心配をする必要はありません。

目安としてよく言われる医療レーザー脱毛の痛みの程度ですが、輪ゴムで軽く弾いた程度と言われます。

これは確かにその通りで表現としては間違っていませんが、あくまでも全体としてみた場合なので部位によっても変わってくるということを理解して、どこが痛くてどこがあまり痛くないのかということを事前に知っておくと安心です。

痛みを感じやすい部位としては毛が密集していて太い場所ほど痛い傾向にあり、逆に毛の数が少なくて太さもあまりないという場所ほど痛みを感じにくい場所となっています。

また、体の作り的に痛みを感じやすい部分と感じにくい部分があるので、その点を抑えておくのも良いでしょう。

顔脱毛は全体的にあまり強く痛みを感じるところではなく、頬やあごに関しては女性の場合痛くてがまんができないということは少ないといえます。

男性の場合には太い髭が生えているので、痛くて涙が出てしまったというケースが多いものの基本的にムダ毛が少ない女性の場合にはそれほど痛みを心配する必要はありません。

ただし、顔の中でも比較的太い毛が多く密集している眉毛や鼻下は痛みを感じやすい部位となっています。

次に体の部分ですが永久脱毛をするときに真っ先に候補として上がりやすいのがワキですが、残念ながらワキは結構痛みを感じやすいという部位になっています。

耐えられないというほど痛くはないにしても、思っていたよりも痛くてがまんをするのが大変だったという人は多いため、医療レーザーは痛くないと思っていると痛みを我慢するのに苦労をしてしまうかもしれない部位と言えます。

その代わり最も脱毛体験をしやすい部位でもあるので、心配であれば一度体験をしてみてそれから本格的に永久脱毛をするかどうか決めると、契約をしてからがまんできずに途中でやめてしまったということは避けられます。

ワキについで痛みを感じやすい部位としてはうなじがあり、皮膚が薄い場所だけにかなり痛いと感じてしまうことがあります。

ワキほどではなく個人差も大きな部位なので、全然痛くなかったという人もいれば、かなり痛かったという人も多く人によって感じ方が特に変わりやすい部位だと覚えておくとよいでしょう。

それ以外の部位に関しては背中やお尻、お腹など余程の剛毛でもない限り痛みを心配するようなレベルではなく、これらの部位で辛い思いをしたという人はほとんどいないので心配をすることはありません。

手足を綺麗にしたいという女性も多いものであり、ワキについで痛みのレベルが心配な部位ですが、一般的にはひざ下辺りが一番痛くて、この部分の脱毛で苦労することが多くなっています。

それ以外の場所に関しては概ね輪ゴムで軽く弾いたぐらいという感じで、痛くないわけではないけれども我慢できない程でもないという程度に抑えておくと実際に試したときにギャップは小さくなるといえます。

最後にデリケートゾーンの脱毛ですが、これは多くの人が痛いと感じるレベルにあり脱毛をする上での鬼門だと言えます。

文字通りデリケートな場所である上に毛が密集しているだけあって、痛みを感じやすく、がまんをするのに相当苦労をしてしまうこともあります。

毛の生え方によってどこが痛いかは変わってきますが、ヒップ奥のOラインは比較的マシなもののVラインとIラインに関してはかなり痛いということを頭に入れておいたほうが良いといえます。

痛みが強い部位だけに麻酔を施してもらうことができるケースもあるので、痛みが心配だという人は麻酔やできるだけ痛みが少なくなるような配慮があるのか確認をしておくのが良いでしょう。

このように永久脱毛の痛みというのは部位によっても変わってきますし、個人差もあるので一概にがまんできるできないとはっきり言えるものではありません。

しかし、多くの人が痛みを感じやすい部位というのは共通していて、その程度もある程度同じぐらいのものになっているので、事前に知っておくことによって対処をすることができます。

一番確実なのは実際に体験をしてみることなので、不安があるのであれば体験脱毛を利用してどの程度痛いのか確認をしてみるのがベストです。