おすすめの除毛・脱毛剤、クリームをお教えします

除毛・脱毛剤、クリームランキング 本当におすすめなのはコレ!

女性の多く、ほとんどがツルスベ肌をキープしたいと思っているはず。

脱毛・除毛方法は様々なものがありますが、「簡単に安くツルスベ肌を手に入れたい!」方におすすめなのが除毛クリーム(脱毛クリーム)です。

除毛クリームはAmazonなどのネットストアや、ドラッグストアで比較的安く購入することができ、簡単にムダ毛を処理することができます。

また、女性向けのものだけでなく、男性用の効果が強力な除毛クリームも人気を集めているようです。

今回の記事では、除毛クリームの選び方、おすすめの除毛クリームをランキング形式でお伝えしたいと思います。

除毛・脱毛剤、クリームランキング 本当におすすめなのはコレ!

脱毛・除毛クリームの選び方

皆さんは脱毛クリーム、除毛クリームをご存知ですか?「普段使っている」という方から、「初めて聞く」方まで様々だと思います。

「脱毛クリーム」と呼ばれることが多いですが、正しくは「除毛クリーム」です。また、除毛クリームで脱毛を行うことはできません。

除毛クリームはタンパク質を溶かすアルカリ性の薬剤を含んだクリームです。基本的な使い方は簡単で、以下の通りです。クリームによって毛を溶かすことで除毛を行います。

  1. 除毛したい部分に塗り広げる
  2. 決められた時間待つ(商品によって時間は異なります)
  3. ヘラなどで拭き取る、洗い流す

光脱毛やレーザー脱毛とは仕組みが違うため、除毛してもムダ毛はまた生えてきます。

しかし、除毛クリームは除毛後の仕上がりがきれいになり、肌触りもよくなることが特徴です。

カミソリ等は肌の上に出ている毛を平面的に切断し除毛するので、毛穴は目立ちますし、処理後にザラザラした肌触りになります。

除毛クリームでの除毛は毛穴の少し深い部分まで除毛することができますし先端も丸く細くなります。そのため、仕上がりはきれいになりますし、手触りも良くなります。

カミソリでの除毛、毛抜きでの脱毛は手間がかかったり、届きにくい部位があったりと厄介です。一方、除毛クリームは塗って拭き取るだけと簡単、手の届きにくい部位も除毛しやすいため人気を集めています。

除毛クリームといっても様々な種類のタイプがあります。例えば、以下のようなものがあります。

  • クリームタイプ
  • フォームタイプ
  • ミルクタイプ
  • ジェルタイプ

どのタイプの除毛クリームを選ぶかはご自身の好きな、使いやすいタイプを選ばれるといいと思います。

除毛クリームの選び方について、注意ポイントを以下に挙げさせていただきます。

肌のタイプに合わせる

除毛クリームはタンパク質を溶かす薬剤で除毛を行います。肌もタンパク質であるため、除毛クリームによってダメージを受けます。肌が強い方には問題のないレベルですが、弱い方は敏感肌用のものを使われることをおすすめします。

また、抗炎症成分、抗菌成分、美肌成分が含まれている商品もあるので、そういった除毛クリームを選んだほうが安心ですね♪

商品を購入した後は、目立たない部分で少量を試し、痛み、かゆみ、炎症が出ないか必ず確認しましょう。少しでもおかしいと感じたら使用を中止しましょう。

ムダ毛のタイプに合わせる

ムダ毛の量が多いか少ないか、剛毛か細いかといった、「ムダ毛のタイプ」は人によって様々です。

ムダ毛の量が少なく、毛も細い方は敏感肌用の除毛クリームなどでも十分に効果を得ることができます。

しかし、ムダ毛の多い方や剛毛な方は、通常の除毛クリームでは効果を感じにくいかもしれません。

男性用の商品は比較的効果が強いものも多いので、男性用の除毛クリームを試してみるのもアリだと思います。

除毛可能部位に合わせる

先程書かせていただいた通り、除毛クリームはムダ毛だけでなく、肌にもダメージを与えます。

そのため、商品によっては「顔」、「デリケートゾーン」、「ワキ」などに使えないものもあります。

商品の対応部位以外に使うと、痛み、かゆみ、炎症などの肌トラブルの原因となることがあります。

除毛クリームの説明書きをしっかり読み、対応部位以外に使うことは絶対にやめましょう。

放置時間で選ぶ

除毛クリームを塗ってから、拭き取る・洗い流すまでの時間は商品によって異なります。1分というものもあれば、15分以上のものもあります。

広範囲に使うことを考えている方は、この放置時間も重視したほうがいいでしょう。

また、バスタイムに使うことを想定された商品もあります。そういった除毛クリームは湿気の多い場所でも効果が落ちにくかったり、水に流れにくい成分を配合していることもあります。

バスタイムにムダ毛の処理を行いたい方は、こういったタイプのものを選ばれるといいでしょう。

価格・容量で選ぶ

先程も書かせていただいた通り、除毛クリームでは脱毛はできず、またムダ毛は生えてきます。

除毛クリームを使い続けることを考えると、価格や容量は重要になってきます。

大容量のものは価格がお得なことが多いようです。自身の肌に合っているもので、できるだけ価格が抑えられるものを探してみましょう。

購入方法で選ぶ

インターネットで購入できる除毛クリームの中には、除毛効果が出ない場合の返金保証がついている商品もあります。除毛クリームで迷われている方はこういった商品を試されると安心ですね。

その一方で、ドラッグストアで手に入るタイプのものにもメリットはあります。例えば、「急遽イベントで背中の開いたドレスを着ることになった」といった場合は、近所のドラッグストアに行けば購入し、すぐに使用することができますよね。

除毛クリームは様々な商品があり、インターネットやドラッグストアで購入することができます。

脱毛・除毛クリーム 第1位 ヴィート 除毛クリーム 敏感肌用

世界で売上・シェアNo.1を誇る除毛・脱毛ブランド、ヴィートの脱毛クリームで、
こちらは特に人気のある敏感肌用のものです。
※世界で売上・シェアNo.1 (2009年1月~2013年12月ニールセン調べ)

敏感肌用となっていますが、短いムダ毛や生えかけの毛もしっかり除毛でき、また、保湿成分としてアロエベラ、ビタミンEが配合されているため、お肌にも優しく作られています。

除毛可能部位は腕、脚、脇、ビキニラインですが、敏感肌用と言っても刺激は強く、顔やデリケートゾーンの使用については肌トラブルの原因となる可能性があるためやめておきましょう。

使い方は簡単で、浴室で脱毛したい部位にクリームを塗り、時々ヘラで除毛をできていることを確認しつつ5分から最大10分待ち、その後全てのクリームをヘラで取り除きシャワーで洗い流せば完了です。

除毛後はクリームの潤い成分が残っているため、石鹸を使ったり、タオルでこすったりしないようにしましょう。

脱毛・除毛クリーム 第2位 フィーモ エピDX PLUS

フィーモ(FI-iMO)社から発売されている500gの大容量脱毛クリームで、刺激に敏感なアンダーヘアやデリケートゾーンにも使用することができます。

使い方はクリームを手に取り毛が覆われるぐらいの厚さ(1~3mm程度)手またはスパチュラ(ヘラ)等で塗り広げ、5~15分待った後、タオルやティッシュで拭き取るか、ぬるま湯で洗い流しましょう。

注意点として、アンダーヘア、デリケートゾーンに使用する前はパッチテストを行い、大丈夫かどうか確認した後に本格的に除毛するようにしてください。

口コミの方も高評価が多く、「敏感肌だけど、痛みもなかった」と書かれてる方もいらっしゃいました。

脱毛・除毛クリーム 第3位 エピプレミアムクリームDX

こちらの商品はスキンケアしながらごっそり、スピード除毛をうたっている商品で、男性の剛毛にも使えるほど効果があり、除毛可能部位は腕、脚、脇、ビキニラインとなっています。

剛毛にも効果があるとのことなので肌ダメージが心配ですが、「痛くない、ヒリヒリしない」という口コミを書かれてる方が多くいらっしゃいました。

使い方ですが、本体がポンプ式になっているのでプッシュして手に取り、脱毛したい部位に満遍なくやや厚めに塗り、10~15分待った後、ぬるま湯で洗い流しましょう。

尿素とカテキンが配合されており、除毛後のアフターケアもばっちりです。

脱毛・除毛クリーム 第4位 セシルマイア インバスリムーバー

こちらの商品は「お風呂で、たった1分で簡単除毛できる」を売りにしている商品です。

使用可能部位ですが、顔や首すじ、デリケートゾーンは全て不可とされているので、腕や脚を中心につかうことになると思います。

ただ口コミでは、効果を得るためには1分では短すぎる、5分程度、長い人では10分程度必要と書かれている方もいらっしゃいました。

注意点として、5~10分間クリームを使いたい方はパッチテストを行い、大丈夫かどうか試してからにしましょう。

また、脱毛可能部位の情報を見て強力なクリームで肌に優しくないのかなとも思っていたのですが、肌トラブルにあったといういう口コミはほとんど見当たりませんでした。

脱毛・除毛クリーム 第5位 パイナップル豆乳除毛クリーム

こちらの商品は「植物由来の成分配合で肌にやさしく、確かな除毛力を発揮」を売りにしており、人気雑誌のViVi等に何度か紹介されている商品です。

使用可能部位ですが、顔とデリケートな部位はNGで、それ以外については可能です。

男性の毛深いムダ毛でも5~10分でツルスベ肌になり、さらに低刺激かつ脱毛クリーム特有の気になる匂いも抑えてあります。

使い方はチューブからクリームを除毛したい部位につけ、ヘラで毛が見えない状態まで伸ばし5分~10分待った後、ヘラでクリームとムダ毛を集めティッシュでやさしく拭き取り、最後に残ったクリームを石鹸で洗い水かぬるま湯できれいに流します。

デリケート肌の方に特にオススメできますし、「肌がなめらかになった」、「毛穴の黒ずみが気にならなくなった」との口コミもあります。

脱毛・除毛クリーム 第6位 プレミアム リムーバーミルク

「パーフェクトな除毛ならプレミアム リムーバーミルク」と、商品の説明にあり、効果に自信がうかがえる脱毛クリームです。

使用可能部位ですが、顔以外は使用できるようになっています。

使い方は、除毛したい部位にクリームを塗り、10~15分放置した後、ティッシュペーパーで拭き取り、ぬるま湯で流すという今回紹介した他の商品と大体同じ流れになっています。
※ムダ毛の根本まで隠れるぐらい塗り広げるのがきれいに仕上げるコツです。

このクリームの特徴は、有効成分チオグリコール酸でお肌への刺激は少なく、太くて多いムダ毛も根こそぎ除毛できることです。

脱毛・除毛クリーム注意点

除毛クリームは簡単・便利な除毛アイテムです。しかし、安心・安全に除毛を行い、ツルスベ肌を手に入れるために守っていただきたいことがいくつかあります。

パッチテストは必ず行うこと!

除毛クリームは毛を溶かす薬剤です。肌に合わない場合は痛み、かゆみ、炎症等の肌トラブルにつながることもあります。

また、除毛クリームに使われている薬剤に対してアレルギー反応が起きる場合もあります。

「パッチテストは面倒・・・」という気持ちも分かりますが、大切なお肌がトラブルを起こしてしまっては大変です。必ずパッチテストを行いましょう。

放置時間を守る

毛の量・質によっては除毛クリームできれいに除毛しきれないこともあります。

しかし、塗布してからの放置時間は必ず守るようにしてください。時間を長くしてもムダ毛の除毛効果は上がりにくく、肌へのダメージは増します。

また、時間を忘れて「うっかり長時間放置してしまった」ということがないように気をつけましょう。場合によっては肌トラブルに繋がってしまいます。

除毛の頻度を多くし過ぎないこと

除毛クリームを使用する際は付属の説明書にしっかりと目を通すようにしましょう。

多くの除毛クリームで、短期間の連続使用をしないように書かれていると思います。

ムダ毛を処理しきれなかった場合でも、決められた日数をあけるようにしましょう。

生理前後はホルモンのバランスが崩れ、肌がダメージを受けやすい状態になっているため、除毛クリームを使う場合はいつも以上に気を使うようにしましょう。

また、日焼け肌も肌が軽いやけどを負っている状態なので、ダメージを受けやすくなっています。落ち着くのを待ってから除毛を行うことをおすすめします。

毛が隠れるぐらい塗布すること

除毛クリームを塗る際は、毛が隠れるぐらいしっかりと塗りましょう。

安く済ませたいからと、塗布する量を減らすと十分な除毛効果を得ることができなくなってしまいます。

また、うまく除毛できている部分とできていない部分ができ、まだらになってしまう可能性もあります。

脱毛・除毛クリームまとめ

脱毛・除毛クリームは手軽にムダ毛を自己処理できる便利アイテムだということが分かりました。

使用時は除毛クリームに付属している説明書の注意書きをよく読み、使用方法を守るようにしましょうね。

除毛クリームによるムダ毛処理もいいのですが、当サイトでは脱毛サロンでの光脱毛や、美容クリニックでの医療用レーザー脱毛もおすすめします。

除毛クリームは短期的に使う分にはいいのですが、長期に渡るとクリーム代もそれなりにかかりますし、肌へのダメージも気になります。

例えば、ワキのムダ毛処理を考えた場合、除毛クリームは安くても500円はします。

この500円があればミュゼのワキ+Vライン脱毛完了キャンペーンを受けることができ、永久的な脱毛効果を得ることができます。

また、湘南美容外科クリニックではワキが5回1,000円、脱毛し放題で3,400円とかなりお得です。こちらは永久脱毛です。

除毛クリームでのムダ毛処理が手間だったり、コストが気になる方は一度、脱毛サロン、美容クリニックの無料カウンセリングを受けられることをおすすめします。もちろん、契約する・しないは自由ですし、無理な勧誘もしてはいけないことになっているので安心してくださいね。

>> ミュゼの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪

>> 湘南美容外科クリニックの公式サイト&カウンセリング予約はこちらからどうぞ♪