妊娠中の脱毛についてお教えします

妊娠中の脱毛はOK?

妊娠中でも、授かったお子さんのことを一番に考えつつ、ムダ毛の処理も行いたいですよね。しかし、脱毛サロン、病院・クリニックで脱毛中の方は、妊娠中もこれまで通り施術を受けることができるのでしょうか?

脱毛中の方、現在、脱毛を検討中の方は心配されるところかもしれません。

今回は、妊娠中は脱毛を行ってもいいのか、光やレーザーの施術を受けた場合の影響や、脱毛クリーム、脱毛ワックスで自宅脱毛を行った場合の影響はどうなのか、また、自宅で脱毛を行う場合の注意点をまとめました。

妊娠中の脱毛はOK?

妊娠中の脱毛 その1 妊娠中は脱毛してもいいの?

ほとんどの脱毛サロン、病院・クリニックでは、妊娠中の施術は行っておらず、断られるようです。施術を受けることができなくなってしまうため、妊娠中は脱毛サロン、病院・クリニックでの脱毛はお休みすることになります。

これは、脱毛することで母体や胎児に影響を与えてしまう、といったことが理由ではなく、妊娠中はホルモンバランスが変化することで肌が通常よりも敏感になり、妊娠前よりも肌トラブルを起こしやすくなったり、痛みを感じやすくなることが原因です。脱毛方法によっては、効果が期待できないものもあります。

また、つわりの影響で施術中に気分が悪くなってしまう恐れもあります。脱毛サロンや、病院・クリニックはこういったトラブルやリスクへの対応が難しいため、妊娠中の脱毛を断っているようです。

脱毛サロン、病院・クリニックで「期限なし」の契約をしている方は、出産が終わって落ち着くまで、脱毛はお休みしましょう。「期限あり」の契約をしている方は、脱毛サロン、病院・クリニックで期限の延長が可能か相談してみましょう。脱毛サロン、病院・クリニックによっては対応してくれる場合があるそうです。

妊娠中の脱毛 その2 脱毛の種類と影響は?

脱毛方法については様々ありますが、主に、脱毛サロンでの光脱毛、病院・クリニックでの医療レーザー脱毛、脱毛クリーム(除毛クリーム)による除毛、脱毛ワックスでの脱毛が主な脱毛、除毛方法だと思います。

ここで、それぞれの脱毛・除毛を行った際に、妊娠中の身体にどのような影響があるのかまとめました。影響を確認し、無理に脱毛サロンや、病院・クリニックで施術を受けないようにしましょう。

光脱毛

脱毛サロンで行われるのが、この光脱毛です。光脱毛を行うにあたって医師免許等は必要ありません。医療レーザー脱毛に比べ、光の出力が弱いため、その効果も医療レーザー脱毛より劣ります。ただ、痛みが少ない、一度に照射できる範囲が広いというメリットもあります。

光脱毛は毛根の黒い色素に反応し、熱で毛根にダメージを与えることで脱毛を行います。妊娠中はホルモンバランスの変化により、通常よりも肌が敏感になっているため痛みを感じる可能性があります。

光脱毛が直接母体や胎児に影響を与えるといった心配はありませんが、痛みによって子宮収縮を引き起こす可能性もあるそうです。

医療レーザー脱毛

病院・クリニックで行われるのが、この医療レーザー脱毛です。こちらは医師免許をもった者の監督下でのみ使用することができる、医療レーザー機器を使用して脱毛を行います。こちらも、レーザーが黒い色素に反応し、毛根にダメージを与えますが、光脱毛より効果が高く、痛みも強く感じる場合が多いようです。

こちらも光脱毛と同じく、痛みによる子宮収縮の恐れがあります。

脱毛クリーム(除毛クリーム)

こちらは脱毛クリームと呼ばれることも多いですが、脱毛効果はなく、強力な薬剤で毛を溶かす除毛クリームです。

使い方は簡単で、手に脱毛クリームをとり、脱毛したい部位に塗り、数分待った後、洗い流すだけです。

クリーム自体が胎児に影響を与える心配はありませんが、妊娠中で敏感になっている肌に、毛を溶かすほどの脱毛クリームを使うと、炎症の原因となる可能性があります。

この脱毛方法は肌の上の見えている部分の毛を溶かす脱毛方法で、すぐに元に戻ります。その度に脱毛クリームを使うと肌にダメージを与え続けてしまうことになるため、オススメできません。

脱毛ワックス

脱毛用のワックスを肌に塗り、その上にシートを被せ、数分待った後、シートを剥がすことで一気にムダ毛を処理する、脱毛方法です。

この脱毛方法は、部位によっては激しい痛みを伴いますし、埋没毛、毛嚢炎(もうのうえん)、色素沈着等の原因となる可能性があります。

脱毛ワックスの注意点についてはこちらの記事に詳しくまとめました。

>> 脱毛ワックスによる自宅脱毛 VIOゾーンもOK? 「その7 脱毛ワックスの注意点」

妊娠中の脱毛 その3 妊娠中の脱毛・除毛注意点

妊娠中に自分で脱毛・除毛を行う場合は、電気シェーバーかカミソリを使用する方法がおすすめです。カミソリを使う場合は、お風呂に浸かったり、蒸しタオル等で除毛したい部分のムダ毛を温めて柔らかくしてください。その後に、シェービング用のジェルを使い除毛を行いましょう。

カミソリでの除毛後は、アルコール等が含まれていない、刺激の少ないローションやクリームで十分な保湿を行いましょう。カミソリでの除毛はどうしても角質を削ってしまいますが、角質を傷つけると肌は乾燥しやすくなり、炎症を起こすこともあります。傷ついた肌はメラニンを集める作用があり、色素沈着が黒ずみの原因となってしまうことがあります。保湿ケアを行うことで、このようなことが起こってしまわないように気をつけましょう。

最近では、市販の脱毛・除毛グッズもいろいろなものが売り出されるようになりましたね。中には「使うだけで永久脱毛ができる脱毛石鹸」とちょっと怪しげな宣伝文句を使っている商品もあります。また、家庭で使える光脱毛器、レーザー脱毛器もありますね。これらの脱毛器は自宅で使えるように出力は落としてあるとはいえ、使う際は説明書の記載を守って正しく扱うようにしましょう。特に妊婦の方の使用が制限されている場合は、使用説明書の記載事項を守るようにしましょう。

妊娠中の脱毛 その4 妊娠中は本格的な脱毛は休みましょう

妊娠中でも、通常のお手入れを行っても問題が起こらない方もいらっしゃいます。もし、これまで使っていた化粧水や、洗顔フォーム等で肌に異常を感じ始めた場合は、妊娠により、肌が弱くなっている証拠なので、敏感肌用のものを使うようにしたり、気を配るようにしましょう。

妊娠期間中は脱毛サロンの光脱毛や病院・クリニックの医療レーザー脱毛はお休みするようにしましょう。多くのサロンで施術を断られるかと思いますし、大切なお肌を守るためです。

妊娠期間中は外出する機会がある毎に、ムダ毛の処理を行うようにするようにするといいかと思います。妊娠中は通常よりも肌がダメージを受けやすくなっています。外出する機会が増え、ムダ毛の処理の回数が増えてきたら、肌を休ませる日も作りましょう。

妊娠すると、ニキビや湿疹等の肌トラブルも起きやすくなります。少し面倒かもしれませんが、妊娠中はいつも以上に肌の変化に目を配るようにし、肌をいたわるようにしましょう。