ほくろがある部分のムダ毛脱毛についてお教えします

ほくろ部分の脱毛ってできるの?

脱毛サロンや病院・クリニックでムダ毛の脱毛を行う場合、ほくろの部分ってどうするの?って思いませんか。

脱毛サロンの光脱毛や、病院・クリニックの医療レーザー脱毛は黒い色素に反応します。ほくろは茶色かったり、黒かったりするので、反応してしまいそうな気がしますね。

全身脱毛を行う時など、体にほくろが多かったり、大きなほくろがあったりという人もいらっしゃると思います。その部分の施術はどうするのか・・・。

気になる、ほくろと脱毛の関係を見ていきましょう。

ほくろ部分の脱毛ってできるの?

ほくろとムダ毛脱毛の関係 その1 脱毛方法で対応が違う

ほくろ部分の脱毛についてですが、脱毛方法によって対応が違います。

光脱毛サロンで行う光脱毛の場合

光脱毛の場合は、基本的にほくろ部分の脱毛は行えません。

光脱毛では、「基本的に」はほくろ部分の脱毛は行えませんが、小さいほくろの場合は問題なく脱毛できる場合もあります。少し大きいほくろについては、シール等をほくろのある部位に貼り、光の照射時に光がほくろに反応しないようにします。

こちらもお店によって、どのくらいの大きさなら大丈夫か、という判断が異なりますが、光脱毛でほくろが消える、除去できるといったことはなく、そのまま残ることが多いようです。

光脱毛にはSSC方式とIPL方式がありますが、ほくろに関してはどちらも同じ対応になります。

病院・クリニックで行うニードル脱毛の場合

ニードル脱毛とは、毛穴1つ1つに針を指し、電気を流して脱毛する方法です。即脱毛効果を体感できる、効果が高い等のメリットもあるのですが、強い痛みを伴うため、最近では取り扱っている病院・クリニックは少なくなっています。

※ニードル脱毛を行えるサロンも少ないですが、あります。

ほくろが小さい場合は、問題なく脱毛できますが、もし体に大きなほくろがある場合、そのほくろのムダ毛に対して、ニードル脱毛は行えません。

どのぐらいまで大丈夫なのかは、病院・クリニックで変わります。

病院・クリニックで行う医療レーザーの場合

医療レーザー脱毛の場合は、大きいほくろでない場合は、そのままレーザーを照射します。

現在の主流のレーザーは「アレキサンドライトレーザー」ですが、このアレキサンドライトレーザーの場合、小さいほくろならレーザー照射で消すことが可能です。

「どれぐらいのほくろなら消えるの」というところですが、この画像程度のほくろだと、ほくろがあったことがわからないぐらい、レーザーでキレイに消すことが可能だそうです。

ほくろ部分の脱毛ってできるの?

ほくろをコンプレックスに思っている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?医療レーザー脱毛でムダ毛を脱毛をしつつ、ほくろも消す、除去することができるってかなりお得で嬉しいですよね♪

ほくろとムダ毛脱毛の関係 その2 大きいほくろがある場合は?

では、大きいほくろがある場合はどうでしょうか。

大きいほくろについては、病院・クリニックの医療レーザーで脱毛をしたり、ほくろを小さく、薄くしたりといったことは難しく、その部位を避けて施術を進めましょうと言われるかもしれません。

ただ、医療レーザー脱毛を扱っているのは、病院・クリニックなので、ほくろ除去の手術を受けられる可能性があります。また、脱毛を行う病院・クリニックで取り扱いがない場合でも、皮膚科等で最大3万円程度でほくろの除去ができます。

ほくろがある部位も限られていると思うので、その部分だけ、毛抜きによる自己処理でもいいかもしれませんね。ほくろ部分の箇所なら、埋没毛や色素沈着は気にならないと思います。自己処理を行う場合は、毛嚢炎(もうのうえん)にならないように、患部と毛抜きを清潔にして行いましょう。

毛抜きでの脱毛についての詳細は別記事をどうぞ。
>> 毛抜きでの脱毛がNGな5つの理由と注意点

これから脱毛を行われる方は、一度カウンセリングを受け、ほくろの扱いについて相談をされるといいと思います。

>> 湘南美容外科クリニックの詳細はこちらから!