脱毛とクーリングオフについてお教えします

脱毛前後の予防接種はNGなのか

クーリングオフとは脱毛サロンで契約を結んだ後、その契約をなかったことにし、全額返金を受けられる制度です。

書面にて脱毛サロンに通知するだけで、クーリングオフを行うことができます。脱毛サロンに電話したり、店舗に出向く必要がないので、そういったプレッシャーや面倒さがないのがいいですね。ただ、いつでも、どのような契約でも、クーリングオフできるわけではありません。クーリングオフの条件を満たしている必要があります。

脱毛サロンでカウンセリングを受けた後、その場の勢いで契約してしまい、自宅に帰った後に後悔する・・・、といったパターンは結構多いのではないでしょうか?こういう状況を救ってくれるのがクーリングオフという制度です。

クーリングオフは、自分一人で簡単にできるので、ぜひ、方法を覚えておきましょう。

脱毛サロンクーリングオフの手順を解説

脱毛とクーリングオフ その1 クーリングオフの条件

クーリングオフを行うためには、以下の全ての条件を満たしている必要があります。

クーリングオフの条件

  1. 契約をした日から8日以内(8日目の消印まで有効)
  2. 契約期間が1ヶ月以上
  3. 契約金額が総額5万円以上

条件の2、3は恐らくほとんどの契約が満たしていると思うのですが、条件1の「8日以内」という部分は注意が必要です。

悩んでいる間に「8日以内」の期間を過ぎてしまう可能性があります。もし、少しでも迷いがあるのなら、長期間に渡る脱毛を続けていくのは難しく、挫折する可能性も高いと思います。クーリングオフをした方がいいかもしれません。

脱毛とクーリングオフ その2 クーリングオフの手順

クーリングオフは、決まった書類、形式があるわけではなく、以下に書く条件を満たせばOKです。

契約相手(脱毛サロン)に「契約を解除する」という文言を紙に書き、8日以内(8日目の消印まで有効)に送れば、クーリングオフをすることができます。

ただ、単に紙に書いて送っただけだと「届いていない」、「8日を過ぎている」などのトラブルが起こる可能性があります。「8日以内に送ったか」、「確実に届けたか」を公的に証明できるようにしておく必要があります。

いくつか方法があり、内容証明郵便でもいいのですが、ハガキの方が簡単に証明を行うことができます。

はがきの場合の記入例を書きます。

まず、ハガキの表に「サロンの住所、サロンの名前」を書きましょう。

裏には以下のように書きます。

通知

契約日 XXXX年X月X日

販売会社名 XXサロン

住所 XX都XX区・・・

電話番号 XX-XXXX-XXXX

担当者名 XX XX(分からない場合は書かなくてもOKです)

商品名 XX脱毛X回コース

金額 XX,XXX円

上記契約または申込みを解除いたします。

自分の住所 XX都XX区・・・

自分の氏名 XX XX

返金振込口座 XX銀行XX支店・・・

このハガキの表と裏の両方のコピーをとり、郵便局に持っていきましょう。このハガキを簡易書留(362円)で送り、控えを保管しておきましょう。

消印が8日以内になっていれば大丈夫なので、速達にする必要はありません。特定記録(+160円)で送ることも可能ですが、これは相手のポスト等に入ったことを通知してくれるサービスで、受け取ったかどうかの証明にはなりません。受領の記録まで行える簡易書留で送るようにしましょう。

ハガキを簡易書留で送付後、通常は「返金振込口座」に返金があるはずです。ハガキを書く際の注意点ですが「契約を解除したいと思っています・・・」等、曖昧な表現を使ってはいけません。「契約を解除します」と言い切ってください。また、解約理由を書く必要もありません。

後ろめたさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは消費者を守る制度です。相手に非があるか、ないかに関わらず、契約を解除することができます。書面で通知することでクーリングオフの手続きが完了します。脱毛サロン側と電話でやりとりしたり、店舗に行く必要はありません。

注意点として、電話や店舗に訪れて通知を行うことはやめましょう。脱毛サロン側はきっと、引き止めてくると思いますし、それを振り切るにはかなりの決心が必要になりますね。

もし、コース契約等をしていて、1回目の施術を受けてしまっていても、8日以内であればクーリングオフは可能です。

脱毛とクーリングオフ その3 クーリングオフできないパターン

「脱毛とクーリングオフ その1 クーリングオフの条件」の条件を満たしていない場合はクーリングオフを行うことはできません。特に8日以内というところに注意が必要です。

ですが、8日以降であっても、契約期間内であれば中途解約を行うことが可能です。この場合はクーリングオフのように全額戻ってくるということはなく、料金の精算が発生します。戻ってくる金額は以下の通りです。

施術を受けていない場合

支払い金額 – 解約手数料(2万円)

※ただし、解約手数料を無料にしているサロン、病院・クリニックもあります。

施術を受けている場合

支払い金額 – (施術を受けた回数×1回当たりの施術費用) – 解約手数料(2万円または残金の10%のうちいずれか低い方)

※ただし、解約手数料を無料にしているサロン、病院・クリニックもあります。

脱毛とクーリングオフ その4 医療機関でのクーリングオフは不可

病院・クリニックでの契約は、医師との「医療契約」になり、クーリングオフの対象外です。

解約したい場合は、基本的には病院・クリニックとの話し合いになります。

通常は、「支払金額 – これまでに受けた施術費用」の返金になると思いますが、病院・クリニックによって対応は様々なようです。

病院・クリニックとの契約は大抵の場合、高額な契約になりますし、クーリングオフもできないため、脱毛サロンで契約を行う以上に慎重になる必要があります。