脱毛とステロイド剤の関係についてお教えします

脱毛前後の予防接種はNGなのか

私は美容、特に脱毛に興味があるため、いろいろと情報収集をしているのですが、「ステロイド剤を使用していると脱毛できない」という興味深い記事を見つけました。

私も花粉か何かのアレルギー反応で目の周りにかゆみがあり、目の周りにも塗れるほど、安全なステロイド剤を常用しています。目の周りは脱毛部位でもないので、特に気にしていなかったのですが、これがもし、ワキ、ウデ、VIO等なら脱毛を受けられないのでしょうか・・・。

気になったので、ステロイド剤を使用している部位で光脱毛や、医療レーザー脱毛を行うとどのようなことになるのか、また、脱毛サロン、病院・クリニックで、どのような対応をしているのか記事にまとめました。

ステロイド剤使用中の脱毛はOKなのか

ステロイド剤と脱毛の関係 その1 ステロイド剤の影響

まず、ステロイドとは何かですが、副腎(二つある腎臓の上端にある)から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。ステロイドについては、「治療効果はすごいが副作用が怖い」という話をよく聞きますが、体内で作られるホルモンだったんですね。

ステロイド剤とは、「副腎皮質ホルモン」と類似した働きをする薬のことで、様々な病気の治療に使われます。どのような場合にステロイド剤が使われるかいくつか挙げてみます。ステロイド剤は様々な症状、病気に使える万能薬ですね。

  • アトピー治療
  • 喘息治療
  • 関節リウマチ治療
  • 肺炎の治療
  • 手湿疹の治療
  • 虫刺されの治療

気になる副作用もいくつか挙げさせていただきます。

  • にきび
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 多毛化

怖い副作用はなさそうですが、アトピー治療において、ステロイド剤を長期間使用した後に、その使用を中断すると、途端に炎症や痒みが増す「リバウンド」が起こる場合があります。その結果、掻きむしってしまって炎症が悪化したり、感染症を起こす可能性があります。こういったことから、ステロイド剤は怖いと言われているのかもしれません。

では、ステロイド剤を使用している方が脱毛サロンの光脱毛や、病院・クリニックの医療レーザー脱毛を受けた場合、どうなるのか・・・。気になる影響を挙げていきたいと思います。

感染症になる恐れ

ステロイド剤には、免疫力が低下するという副作用があります。その為、ステロイド剤を服用している方は、服用していない方に比べ、感染症を起こしやすいというリスクがあります。光やレーザーを照射すると、肌には負担がかかり、刺激を受けることにもなります。その刺激に対して肌が過剰に反応し、肌荒れが悪化したり、細菌が入り込むことによって、感染症が起こる可能性があります。

色素沈着・火傷を起こすことも

ステロイド剤には光を吸収しやすい性質があります。ステロイド剤が塗られている部位に光やレーザーを照射すると、皮膚が過剰に反応します。その結果、火傷を起こしたり、火傷が治っても、肌の色が元に戻らない色素沈着を起こす可能性があります。

脱毛の効果が期待できないことも

先程、副作用に挙げさせていただきましたが、ステロイド剤の副作用に多毛化があります。塗り薬の場合は塗っている箇所の毛が、服用している場合は全身の毛が、多毛化する可能性があります。多毛化が起こった場合、光脱毛や、医療レーザー脱毛の効果が見えにくくなります。

ステロイド剤と脱毛の関係 その2 ステロイド剤使用中の方への対応

ステロイド剤を使用中に光脱毛や、医療レーザー脱毛を行うことは、オススメできないということはわかりました。

脱毛サロンや、病院・クリニックではステロイド剤使用中の方に対してどのような対応をとっているのでしょうか?

脱毛サロンの場合

多くの脱毛サロンでは、ステロイド剤使用中の脱毛は断られます。どうしても光脱毛を受けたいのであれば、ステロイド剤の使用を中止する必要があります。どのぐらいの期間中止すればいいのか、脱毛サロンによって違います。大手脱毛サロン「ミュゼプラチナム」では以下のようになっています。

脱毛箇所にステロイドを塗布されている場合は、使用をストップされてから2週間は空けていただきます。

飲み薬でしたら箇所に関わらず1ヶ月程度は空けて頂いております。期間を空けても肌の状態によっては施術が難しい場合もありますので、来店時にご相談くださいますようお願いいたします。

引用元 : ミュゼ公式回答

ただ、治療のためにステロイド剤を塗布、または服用している訳ですから、脱毛をしたいという理由でステロイド剤の使用を中止すべきではありません。特に服用している場合に自己判断で急に止めると、「ステロイド離脱症候群」を発症してしまう可能性があります。ステロイド剤を塗布している場合も炎症や傷が治ったからといって、使用を中止せず、医師の指示を守って治療が完了するまで、脱毛は控えましょう。

※ステロイド離脱症候群とは、体の中のステロイドホルモンが不足し、倦怠感、吐き気、頭痛、血圧低下などの症状が見られることを指します。

ミュゼではステロイド剤使用中の脱毛は不可でしたが、医師の許可があれば施術を受けることができる脱毛サロンもあります。その際ですが、各脱毛サロンの指示に従って、医師に書類を書いてもらう必要があったりと、少々面倒な手続きが必要です。医師に相談し、脱毛がOKであることを確認し、書類を書いてもらえれば、脱毛を行うことが可能です。

施術当日は、脱毛部位にステロイドを塗ってはいけません。忘れて塗ったまま施術を受けてしまうと、火傷や色素沈着を起こす可能性があります。そうならないよう、気をつけましょう。

病院・クリニックの場合

脱毛サロンに比べると、病院・クリニックの場合は、医師も在籍しているため、施術を受けられる可能性は高いと言えます。多くの病院・クリニックでは、ステロイド剤使用中の脱毛によるリスクを説明した上で、本人が了承すれば脱毛を行うことが可能です。

リスクというのは、これまでに挙げてきた、色素沈着や感染症のこと、ステロイド剤使用時の副作用に挙げさせていただいた「毛嚢炎」が起こった場合に、治りが悪くなるといったものです。これらのリスクを許容できる場合のみ、病院・クリニックでの脱毛は可能になります。

ただし、脱毛サロン、病院・クリニック両方について言えることですが、肌がダメージを負っている状態、例えば「アトピー性皮膚炎」等で肌に炎症が起こっている状態では施術を受けることはできません。肌のダメージが軽度で軽く乾燥している程度なら施術を受けられますが、炎症を起こしている場合は施術を受けることはできません。まずは、肌のコンディションを整えることを考えましょう。

ステロイド剤と脱毛の関係 その3 おすすめクリニック

ブランクリニック(東京のみ)

「価格、サービス品質、アフターフォローで満足の脱毛を」を謳っている人気クリニックです。ステロイドを使用中の方は、安全性の部分が一番心配だと思いますが、こちらでは脱毛に関する全てのリスクを説明してもらえます。また施術を行うのも看護師なので、万一、皮膚トラブルがあっても安心です。

ブランクリニックでは「メディオスターNext Pro」という、次世代医療レーザー脱毛器を導入しており、これまでの医療レーザー脱毛よりもさらに痛みが少なく、肌に優しい脱毛ができます。医療レーザー脱毛の痛みが気になる方は、一度カウンセリングを受けられるといいかもしれません。

>> ブランクリニックの詳細はこちらから!

アリシアクリニック(関東圏に12院)

アリシアクリニックは関東圏に12院を展開している人気クリニックです。
医療脱毛は料金が高いイメージですが、アリシアクリニックでは「安心価格」で医療脱毛を受けることができます。以下の全てがアリシアクリニックでは0円です。

  • キャンセル料 0円
  • 解約手数料 0円
  • 初診料 0円
  • 再診料 0円
  • テスト照射 0円
  • お薬代 0円

アリシアクリニックでは、クリニックへの信頼と満足度の向上を追求しており、ステロイド剤を使用していることについても、真摯に受け止め、相談に乗ってくれると思います

>> アリシアクリニックの詳細はこちらから!

クレアクリニック(東京のみ)

通われる全ての方に内側も外側も、美しく輝いていただくための工夫がなされているクリニックで、人気を集めています。

また、「心地よく美肌になれるクリニック」を心掛け、脱毛だけでなく細部にもこだわりがあるクリニックです。ドクターとスタッフによるWカウンセリングで、ステロイド剤の使用についても相談しやすいと思います。

  • 居心地の良さでリラックス
  • 水素水でリフレッシュ
  • アーユルヴェーダでしっかり保湿
  • 医療機関でしか取り扱えないアメニティ

>> クレアクリニックの詳細はこちらから!